BLT BBS IV

Count: 27038
Welcome to BLT BBS IV

お名前
性別 男性女性
URL
MAIL
コメント
人格
アイコン  
文字の色
合言葉 ←スパム対策の為、お手数ですが「確認」をひらがなで入力して下さい。
登録情報を保存する
管理者はパスワードを入力
BLT日誌No.2
2018年08月30日木曜日 17時42分

店も賑わいを見せる頃、見なれない一人の女が店に入ってきた。一癖もニ癖もありそうな人物だ。前々から悩んでいることがあるらしく、眉間に皺を寄せながら相談してきた。
職業不明 モンクレール ジャケットコピー as 無変換  
http://www.keevoo.com/ ブランド コピー ショップ胸ポケットが2つついており、機能性も持ち合わせた、落ち着いたネイビーカラーのダウンジャケット。 http://www.keevoo.com/brand-321.html モンクレール ジャケットコピー」
後半は殆ど聞いていなかった・・・・。
BLT日誌No.1
2016年05月17日火曜日 20時36分

店も賑わいを見せる頃、見なれない一人の若造が店に入ってきた。聞いたこともない会社の、これまた聞いたこともない肩書きを持つ。職業不明は私にグアバジュースを注文してこう言った。
職業不明 ミスおたくん as 無変換
「なんという空間。懐かしいぜ。
会社で昔のweb文化みたいな話題になって、ふとおもい辿り着きました。」
可哀想だが、私は全然話を聞いていなかった。
BLT日誌No.9176
2009年07月19日日曜日 10時23分

まだお日様が高いうちに、前に見たことがある客が入ってきた。ほぐぴもはいかにも追われている、そういう感じだった・・・。「素敵なレディ」「素敵なレディ」「素敵なレディ」、このガキ大将が話すことといえば、いつも同じである。
職業不明 ほぐぴも as 寺月恭一郎
「ああ面白かった。
素直に嬉しい変更点ばかりで見ていて救われるな。だが、できることならそれを無駄にはしないで欲しい。
また焼き直しかと思って避けてたのが勿体無いや。」
私はひたすら我慢して聞いてあげた。
BLT日誌No.9174
2009年07月18日土曜日 06時53分

朝方、見なれない一人の男が店に入ってきた。男は腰を左右に揺らしながら歩いてきた。ほぐぴもは誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
職業不明 ほぐぴも as 芝村準竜師
「悪運しぶとく生き残って、この安っぽいメダルをお前の胸につけるとは、まったくもって嬉しい限りだ。だね
今日エヴァを見てくるよ」
どう聞いても自慢話だった。
明らかに他の客の迷惑になりそうだったので、私はこう言った。
用務員 更夜 as ブギーポップ      2009年07月18日土曜日 16時19分
「本当にまず最初に言っておくと、ぼくは宮下藤花では無い。今はブギーポップだだねえ。元気してるのか?それは何故か―。
破面白かったね。早く続きが見たいが、恐らく、君がその少女と出会ったときに2012年公開とかになるんだろうな…」
Narration BBS Ver 2.1 with persona translator
-[MISSINGLINK & Fayreal] + musique-